乾燥 レシピ メーカー チューブ スーパー" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

草餅と梅餅のつくりかた

草餅のつくりかた

材料
上新粉120g
白玉粉 30g
砂糖  30g
よもぎ10g~15g
ぬるま湯100ccくらい

ボールに上新粉と白玉粉、砂糖を入れる。白玉粉は指で潰してさらさらな状態にする。
そこへぬるま湯を大匙1杯~3杯程度づつくわえながら、まとめていく。
しっかりまとまって耳たぶくらいのかたさになったらOK

鍋に、湯を沸騰させ、蒸し物用の敷物を置く。
敷物の上にクッキングシートを敷き、上記のまとまった生地を3~4つにちぎって、かるくひらぺったくして
少し隙間ができるうように蓋をして、弱火で30分ほど。

30分してしっかりと餅もち生地になったら、ざるにあげて流水にさらしながら揉んで、荒熱をとる。

荒熱がとれたらボールに移し、乾燥よもぎを揉み込む。
いろんなレシピでは、乾燥よもぎはお湯につけて戻す~とかありますけど、今回つかったのは粉末状の乾燥よもぎなので、お湯につけたよもぎ茶になってしまいました。
乾燥した粉末状態のまま、おもち生地に練りこんだら、流水にさらした際に生地が水を含んでしまったのを
この粉末よもぎが吸いこんでくれた、ちょうどいい塩梅となりました。

棒状にして5~6個くらいに横に切ります。

それをこねこねと丸めまる

丸めた生地を、のし棒で伸ばします。
このときのし棒にうっすらとサラダ油を塗っておくと、生地がくっつきません。

まる状の生地を伸ばすと、楕円形になります。

そこへ、スーパーで買ってきた、出来合いのこしあんを適宜のせて、ぺたんとふたつにおります。
出来合いのこしあんをのせるとき、パックの角っこを2~3cmくらいきってそこからチューブのように出すと
失敗知らずです。

梅もちは、上記と同じ要領で、よもぎをいれるときにチューブの梅を練り込みます。
市販の某コショーで有名なメーカーのスーパーなどでよく売られている大きさのチューブだと2つくらいは必要かもしれません。けっこう使います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。