栄養 コーチ アメリカ 財布 出費 ファイナル グランプリ その他 イベント 大会" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

フィギアスケート 世界選手権など世界大会での賞金は?

フィギアスケートでは、世界選手権など大きな世界大会に出場する場合
1流選手ですと年間でおよそ5000万円の出費が必要になってきます。

こういった、フィギアスケートの世界選手権などに出場できるクラスのスケーターは
日本スケート連盟から(もしくはオリンピック出場ならJOCから)特別強化選手で月に20万
強化選手で10万の支給があります。

特別強化選手であっても月に20万、年間240万の支給です
(これって、フィギアスケート世界選手権やその他の世界大会、国内での大会での
優勝や準優勝の賞金がなかったら、完全にワープア状態じゃないですか!?)

世界選手権などの大会に出場するランクとして、フィギアスケートをやっていくのにかかる費用
5000万のうち、収入は特別強化クラスでも240万なのです。
4760万、赤字になります。

これはなんとしても世界選手権大会優勝、もしくは準優勝して、賞金をゲットしなければなりません

◆フィギアスケート世界選手権他グランプリ世界大会での賞金は?

・フィギアスケート世界選手権
1位:45000ドル=450万円
2位:27000ドル=270万円
3位:18000ドル=180万円
4位:13000ドル=130万円
5位:10000ドル=100万円
6位:7000ドル=70万円
7位:6000ドル=60万円
8位:5000ドル=50万円
9位:3500ドル=35万円
10位:3000ドル=30万円
11位:2500ドル=25万円
12位:2000ドル=20万円



・オリンピック=0円
一番の大きなイベントかもしれません。イベントの目的上賞金は出ません。
「出場することに意味が」あります。

・フィギアスケート グランプリシリーズでの賞金
1位:18000ドル(1800000=180万円)
2位:13000ドル(1300000=130万円)
3位: 9000ドル(900000=90万円)
4位: 3000ドル(300000=30万円)
5位: 2000ドル(200000=20万円)

・フィギアスケート グランプリファイナルでの賞金
1位:25000ドル(2500000=250万円)
2位:18000ドル(1800000=180万円)
3位:12000ドル(1200000=120万円)
4位: 6000ドル(600000=60万円)
5位: 4000ドル(400000=40万円)
6位: 3000ドル(300000=30万円)

このほかにもエキシビジョンに出場すると、お金がもらえるらしいですね。

たとえばグランプリで2位、グランプリファイナルで1位、世界選手権大会で2位となった場合

フィギアスケートグランプリシリーズ2位で130万円
フィギアスケートグランプリファイナル1位で250万円
フィギアスケート世界選手権大会2位で270万円

130+250+270の650万の賞金が貰えるのですね。
でもその額が、まるまる選手の財布に入って来るわけではありません。

たとえばグランプリシリーズで賞金を獲得したときのことを見てみましょう。
コーチへ⇒30%
自国の連盟へ⇒10%
開催国の税金⇒国にもよるが、アメリカでは30%以上

・・・なんかもう70%も持っていかれてしまったのですが

そもそも、もともとは世界的な大会に、賞金なんてなかったのです。
でもそれだと経済的に余裕のある国の選手と、言っちゃなんですが貧困国の選手とでは
栄養面、リンクの質、靴の質などなど・・・
どうしても豊かな国の選手のほうが、良質な環境で練習することができるのです。
そのため、どうしても格差が広がってしまい、平等公平でない

というわけで、貧しい国の選手救済の目的として、世界選手権などの
フィギアスケートの世界大会での賞金が出るようになったのですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。